月別アーカイブ: 2014年10月

分かりやすさ100%

先日建設会社の営業の方向けに相続税の勉強会を実施いたしました。 と言いますのも、賃貸アパートの建設ラッシュが今全国的に起こっておりますが、 その主たる原因が相続税の増税にあるからです。 メインのお客様=相続税を気にしておられる方となりますので、 相続税の勉強会と相成ったわけですね。 皆様忙しくされておられますので、制限時間1時間で全部で3ないし4回ということで 第一回目の勉強会をやってまいりました。 ある程度の規模の会社であれば、社内研修は当然にありますし、どの位のレベルを 想定して話せばいいかはすごく悩ましく、事前準備には結構時間を要しました。 豊富な例題と確認テストで手を動かしてもらって理解を深めようという方針で、 一回目を実施してみました。 皆さん営業という事で非常に人当たりの良い方々で、尚且つ勉強会の間も良い反応を ・・・続きを読む

未婚率@京都

僕は商工会議所に入っておりまして、 その会員の方々とちょこちょこ話す機会があります。 京都の商工会議所で面白い事業がありまして、それが婚活事業です。 商工会議所の青年部が京都市と共同して、 京都に住む男女に出会いのきっかけを与えて、結婚に結びつけようというものです。 商工会議所というおカタイ団体がそんなある種の合コンチックな事を行うのには 理由がありまして、シンプルに京都の未婚率が高すぎるのです。 参考記事はこちら http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20140224/Sunmarie_konkatsu_new・・・続きを読む

制度に踊らされず

毎年毎年法律は変わり、税法の世界でもブームみたいなものがあります。 最近日経で見たのですが、預金8000万円ある方が、 お孫さんの教育資金一括贈与に6000万円使って預金の残りが2000万になり、 有料老人ホームに入れなくなるというストーリーです。 この方は少なくともお孫さんが4人はいるようですね。 少子化の時代ですので素晴らしい事です。 僕はそもそも教育資金一括贈与ってかなり限られた人しか効果がないと思います。 そもそも教育資金って非課税ですしね。毎年ちょっとづつあげればいいんですよ。 税金を減らしたいのはみんな同じだと思うんですが、 税金を減らすために自分のQuality of lifeを削ったんでは意味ないと思うのですが、 どうでしょうか。 節税できるところはして、あきらめるところは諦めて払うっていうのが、 なん・・・続きを読む

1